dr100の一の宮・百寺巡礼・続百名城旅日記

百名城、百名橋、百名建築、百名公園、桜の名所百選、東京23区内一丁目一番地などを訪問しました。いまは、一の宮、百寺巡礼、続百名城を訪問中です。皆様のコメントが励みになりますので、よろしくお願いいたします。

坂東三十三ヶ所-2-滑河山龍正院 2019/3/9

f:id:dr100:20190412221919j:plain

f:id:dr100:20190412221956j:plain

f:id:dr100:20190412222001j:plain

f:id:dr100:20190412222016j:plain

f:id:dr100:20190412222021j:plain

f:id:dr100:20190412222025j:plain

f:id:dr100:20190412222028j:plain

f:id:dr100:20190412222033j:plain

f:id:dr100:20190412222036j:plain

f:id:dr100:20190412222040j:plain

f:id:dr100:20190412222042j:plain

f:id:dr100:20190412222046j:plain

 龍正院(りゅうしょういん)は、千葉県成田市滑川にある天台宗の寺院。山号滑河山。本尊は十一面観世音菩薩で、坂東三十三観音霊場第28番札所である。通称は滑河観音(なめがわかんのん)。承和5年(838年)、滑河城主の小田将治が発願し、慈覚大師円仁が開山したと伝えられる。本尊の体内に納められている1寸2分の観音像は、小田将治が出会った老僧が小田川よりすくい上げたものとされている。(ウイキペディアより引用)

坂東三十三ヶ所を巡ることにしました。自家用車で自宅から滑河龍正院へ。三十三ヶ所のうち金龍山浅草寺には2017/11/11に訪問済み、御朱印もいただいているので滑河龍正院は2か所目です。1328、300円のお納めで、御朱印をいただきました。