dr100の一の宮・百寺巡礼・続百名城旅日記

百名城、百名橋、百名建築、百名公園、桜の名所百選、東京23区内一丁目一番地などを訪問しました。いまは、一の宮、百寺巡礼、続百名城を訪問中です。皆様のコメントが励みになりますので、よろしくお願いいたします。

続百名城-80-向羽黒山城  2018/11/25

f:id:dr100:20190318075939j:plain

f:id:dr100:20190318075942j:plain

f:id:dr100:20190318075946j:plain

f:id:dr100:20190318075948j:plain

f:id:dr100:20190318075954j:plain

f:id:dr100:20190318080003j:plain

f:id:dr100:20190318080005j:plain

f:id:dr100:20190318080034j:plain

f:id:dr100:20190318080046j:plain

f:id:dr100:20190318080053j:plain

f:id:dr100:20190318080056j:plain

f:id:dr100:20190318080059j:plain

f:id:dr100:20190318080110j:plain

会津若松→徒歩→オリックスレンタカー会津若松駅前店757→レンタカー10km→816向羽黒山城跡整備資料室(向羽黒山城)

 向羽黒山城(むかいはぐろやましろ)は、福島県大沼郡会津美里町にあった日本の城である。城跡は、国の史跡に指定されている。白鳳三山の最高峰・岩崎山は向羽黒山とも称し、そこに蘆名盛氏が1568年(永禄11年)に山城を築いた。城の規模は、東西1.4キロメートルで南北1.5キロメートル、面積は50ヘクタール。東を流れる阿賀川や東部分の崖などの天然の要害に加えて土塁や堀などの防御施設がいたるところに造営されている。(ウイキペディアより引用) 

会津若松駅からレンタカーで向羽黒山城跡整備資料室(向羽黒山城)へ。スタンプは建物の外にあるので24時間OKでした。