dr100の一の宮・百寺巡礼・続百名城旅日記

百名城、百名橋、百名建築、百名公園、桜の名所百選、東京23区内一丁目一番地などを訪問しました。いまは、一の宮、百寺巡礼、続百名城を訪問中です。皆様のコメントが励みになりますので、よろしくお願いいたします。

百寺巡礼-45-菩提山白水阿弥陀堂  2018/4/8

f:id:dr100:20190225062141j:plain

f:id:dr100:20190225062145j:plain

f:id:dr100:20190225062149j:plain

f:id:dr100:20190225062151j:plain

f:id:dr100:20190225062155j:plain

f:id:dr100:20190225062159j:plain

f:id:dr100:20190225062202j:plain

f:id:dr100:20190225062206j:plain

f:id:dr100:20190225062208j:plain

f:id:dr100:20190225062213j:plain

 白水阿弥陀堂(しらみずあみだどう)は、福島県いわき市にある真言宗智山派の寺である。平安時代末期の建築で、県内唯一の国宝建築物に指定されている。国宝指定名称は単に「阿弥陀堂」。所有者は真言宗智山派願成寺で、正式名は願成寺阿弥陀堂である。また、その領域は白水阿彌陀堂境域(しらみずあみだどうきょういき)として国の史跡に指定されている。(ウイキペディアより引用)

入場料は500円でした。広々とした庭園が見事でした。10:53、300円のお納めで、御朱印をいただきました。