dr100の一の宮・百寺巡礼・続百名城旅日記

百名城、百名橋、百名建築、百名公園、桜の名所百選、東京23区内一丁目一番地などを訪問しました。いまは、一の宮、百寺巡礼、続百名城を訪問中です。皆様のコメントが励みになりますので、よろしくお願いいたします。

続百名城-74-引田城  2018/11/3

f:id:dr100:20190317071051j:plain

f:id:dr100:20190317071056j:plain

f:id:dr100:20190317071059j:plain

f:id:dr100:20190317071102j:plain

f:id:dr100:20190317071105j:plain

f:id:dr100:20190317071108j:plain

f:id:dr100:20190317071112j:plain

一宮城842→レンタカー34km→938引田公民館945→レンタカー2km→952引田城

引田城(ひけたじょう)は日本の城。所在地は香川県東かがわ市。市指定史跡。引田城は城山と言われる山にある平山城で、初期の頃は、尾根伝いにコの字型に展開し、四隅には櫓を備えていた。現在の遺構は、四隅の櫓の内、北と西の2つの櫓を中心に残っている。 引田城は高松城丸亀城と同じく生駒時代の城であるが、その後香川の歴史上から消え去っている。それは同じく高松城の支城であった丸亀城のように、その後再築されなかった事も要因の一つだと言われている。 1615年の一国一城令で廃城になった後、城がいつ取り壊されたかは不明で、長らく忘れられた存在だった。しかし近年、文化財として調査・保存の機運が高まっている。 (ウイキペディアより引用)

一宮城からレンタカーで引田公民館へ。ここでスタンプを押します。そこの係員によると、8:30から押せるそうです。2kmほど移動して引田城へ。森の入り口のようなところに看板がありました。

続百名城-73-一宮城  2018/11/3

f:id:dr100:20190317070915j:plain

f:id:dr100:20190317070922j:plain

f:id:dr100:20190317070924j:plain

f:id:dr100:20190317070928j:plain

f:id:dr100:20190317070933j:plain

f:id:dr100:20190317070936j:plain

f:id:dr100:20190317070939j:plain

f:id:dr100:20190317070944j:plain

f:id:dr100:20190317070947j:plain

f:id:dr100:20190317070952j:plain

f:id:dr100:20190317070955j:plain

f:id:dr100:20190317070958j:plain

f:id:dr100:20190317071003j:plain

 徳島駅→徒歩→パジェットレンタカー徳島店752→レンタカー14km→823一宮城

一宮城(いちのみやじょう)は、徳島県徳島市一宮町に位置する日本の城。徳島県指定史跡。東山渓県立自然公園指定。とくしま市民遺産選定。一宮城は、南北朝時代に天険を利用した山城で、のちに大幅に改修された。東竜王山の北東に延びた枝尾根の最先端にあり、本丸部分は標高144.3m、麓からの比高は約120mの山嶺に築かれ、石垣下は急傾斜となっている。北は鮎喰川、東は船戸川、園瀬川が天然の濠として、背後には四国山脈がひかえている。一宮城は南城と北城の二城から成り立っている。本丸は北城に属し、明神丸等の曲輪は南城に属し、山麓には居館があったと言われている。一宮城は徳島県内で最大級の山城である。三好氏と長宗我部氏の攻防の舞台にもなった。1954年(昭和29年)8月6日、徳島県指定史跡に指定。 2017年(平成29年)4月6日、続日本100名城(176番)に選定された。(ウイキペディアより引用)

パジェットレンタカー徳島店から、レンタカーで一宮城へ。最近は、レンタカーの使用が多いです。続百名城が、公共機関では動きにくい場所にあるケースが多いからです。四国八十八箇所第13番の大日寺の目の前にあります。一の宮めぐりで先日訪れた一宮神社も隣です。車は大日寺の駐車場に止めました。登山口のようなところに看板とスタンプがあり、スタンプは24時間押せるようでした。

 

 

旅立ち  2018/11/2

f:id:dr100:20190317070647j:plain

f:id:dr100:20190317070651j:plain

f:id:dr100:20190317070655j:plain

f:id:dr100:20190317070658j:plain

f:id:dr100:20190317070701j:plain

f:id:dr100:20190317070705j:plain

f:id:dr100:20190317070708j:plain

f:id:dr100:20190317070712j:plain

f:id:dr100:20190317070716j:plain

f:id:dr100:20190317070720j:plain

f:id:dr100:20190317070725j:plain

f:id:dr100:20190317070727j:plain

f:id:dr100:20190317070730j:plain

f:id:dr100:20190317070734j:plain

f:id:dr100:20190317070738j:plain

f:id:dr100:20190317070742j:plain

f:id:dr100:20190317070744j:plain

f:id:dr100:20190317070748j:plain

f:id:dr100:20190317070752j:plain

f:id:dr100:20190317070755j:plain

 東京駅南側鍛冶橋2130→マイフローラ号→ 609(定625)徳島営業所

夜行日帰りバスで四国に遠征です。東京駅南側鍛冶橋から乗ったのは日本有数の豪華夜行バスマイフローラ号徳島行きです。東京から徳島まで13700円は、安いのではないでしょうか?2列、トイレ、Wi-Fi、コンセントありで、座席というより、「部屋」です。定時出発。諸注意のアナウンスがしつこすぎる印象です。浜松SA0107-0120、白川PA0435-0445下車休憩。バスの入り口で靴を脱ぐので、SA、PAでちゃんと戻ってきたかは、靴の有無でわかる仕組みです。目が覚めると、明石海峡大橋を渡るところでした。16分の早着で徳島に到着。

帰京  2018/10/28

f:id:dr100:20190316220814j:plain

f:id:dr100:20190316220819j:plain

f:id:dr100:20190316220823j:plain

f:id:dr100:20190316220828j:plain

f:id:dr100:20190316220844j:plain

f:id:dr100:20190316220842j:plain

 

f:id:dr100:20190316220850j:plain

f:id:dr100:20190316220859j:plain

f:id:dr100:20190316220900j:plain

f:id:dr100:20190316220907j:plain

f:id:dr100:20190316220913j:plain

高島城1433→レンタカー6km→1444トヨタレンタカー上諏訪駅前店/上諏訪1512→ スーパーあずさ22号→1724新宿

177kmの走行で、トヨタレンタカー上諏訪駅前店へ無事に返却。今回は、上諏訪駅のホームにある足湯には入りませんでした。スーパーあずさ22号の自由席へ。甲府で大量に乗ってきました。

旅行期間:2018/10/28 旅行地:長野、山梨 交通費:16660円 入場料:300円 合計:16960円 

 

 

続百名城-72-高島城  2018/10/28

f:id:dr100:20190316220645j:plain

f:id:dr100:20190316220652j:plain

f:id:dr100:20190316220655j:plain

f:id:dr100:20190316220700j:plain

f:id:dr100:20190316220709j:plain

f:id:dr100:20190316220719j:plain

f:id:dr100:20190316220723j:plain

f:id:dr100:20190316220726j:plain

53235新府城1252→レンタカー46km→1351G.S.1359→レンタカー4km→1410高島城

高島城(たかしまじょう)は、長野県諏訪市高島にあった日本の城。諏訪の浮城や島崎城とも呼ばれる。城郭の形式は連郭式平城である。かつては諏訪湖に突き出した水城で「諏訪の浮城(すわのうきしろ)」と呼ばれていたが、江戸時代初めに諏訪湖干拓が行われ、水城の面影は失われた。しかし、浮城の異名を持っていたことから日本三大湖城の一つに数えられている。(ウイキペディアより引用)

新府城から諏訪市内のガソリンスタンドへ。171kmの走行で10.24Lの給油だったので、16.7km/Lの燃費でした。@159円なので1628円の支払いでした。そのあと、高島城へ。入場料を払わないとスタンプは押せません。入場料は300円でした。JAFの会員証で割引なのですが、あとから気づいたので後の祭りでした。

続百名城-71-新府城  2018/10/28

f:id:dr100:20190316220446j:plain

f:id:dr100:20190316220452j:plain

f:id:dr100:20190316220457j:plain

f:id:dr100:20190316220503j:plain

f:id:dr100:20190316220508j:plain

f:id:dr100:20190316220513j:plain

f:id:dr100:20190316220521j:plain

f:id:dr100:20190316220531j:plain

f:id:dr100:20190316220539j:plain

f:id:dr100:20190316220547j:plain

要害山城1155→レンタカー21km→1233韮崎市立民俗資料館1241→レンタカー3km1248新府城

新府城(しんぷじょう)は、現在の山梨県韮崎市中田町にかつてあった日本の城である。1973年(昭和48年)には「新府城跡」として国の史跡に指定されており、保存のため公有地化された。本丸跡地には藤武稲荷神社が建立されている。(ウイキペディアより引用)

要害山城からレンタカーで韮崎市立民俗資料館(無料)へ。スタンプ捺印の後見学しました。無料の割には充実した施設でした。そのあと、3kmはなれた新府城へ。道路沿いに神社とお城の入り口がありました。

続百名城-70-要害山城  2018/10/28

f:id:dr100:20190316220250j:plain

f:id:dr100:20190316220255j:plain

f:id:dr100:20190316220302j:plain

f:id:dr100:20190316220307j:plain

f:id:dr100:20190316220314j:plain

f:id:dr100:20190316220320j:plain

f:id:dr100:20190316220324j:plain

f:id:dr100:20190316220331j:plain

f:id:dr100:20190316220340j:plain

f:id:dr100:20190316220347j:plain

f:id:dr100:20190316220354j:plain

f:id:dr100:20190316220400j:plain

龍岡城925→レンタカー83km→1126甲府市藤村記念館1137→レンタカー5km→1149要害山城

要害山城(ようがいやまじょう)は、山梨県甲府市上積翠寺町(かみせきすいじまち)にあった日本の城。躑躅ヶ崎館(武田氏館跡)の詰城として築かれた山城である。平成3年(1991年)、国の史跡に指定された。要害城、積翠山城とも呼ばれる。(ウイキペディアより引用)

 要害山城のスタンプのある甲府市藤村記念館(無料)の近くにある甲府駅北口第2駐車場は30分無料です。スタンプを押して見学をした後、要害山城へ。甲府盆地の北の山間にある躑躅ヶ崎館(武田氏館跡)の詰城でした。